TORIHAMA

鳥浜漁業協同組合

torihama.jpg

​About

三方五湖の最も上流の三方湖とハス川を漁場としています。コイやフナ釣りが存分に楽しめるほか、冬には伝統漁法の「たたき網漁」を行っています。

三方五湖は、平成17年11月8日に「ラムサール条約湿地」に登録。

そして400年以上にわたり水産資源の保全に努め伝統漁法を継承してきたことから、平成31年2月15日に日本農業遺産に認定されました。

Contents

漁場:三方湖・ハス川

三方上中郡若狭町鳥浜55-15 ☎︎ 0770-45-0005

遊漁規則:内共第21号 鳥浜漁協

魚種:アユ・ヤマメ・コイ・フナ・ウナギ・エビ・ワカサギ・モロコ

漁期:アユ(公示日より11月30日まで)、ヤマメ(2月1日より9月30日まで​)、コイ・フナ・ウナギ・エビ・ワカサギ・モロコ(1月1日より12月31日まで)

◉漁期中であっても、禁止区域や保護期間が決められています。遊漁料金の額や取扱店は漁協で決められています。詳しくは、お電話にてお問い合わせください。

Gallery

兄弟

Special Contents

「みらいへのバトン」

つなぐつむぐとりくむ
in 鳥浜

未来への取り組みについてと質問をすると、次から次へと話題が出てくる。

代表理事組合長の田辺喜代春さんは穏和な雰囲気とは違って熱心にお話をしてくれた。

管轄する三方湖は、福井県随一の景勝地三方五湖の一番南に位置し、コイやフナ釣りをする遊漁者が多い。

そのコイやフナの生息数が近年、増えてきている。詳しく聞くと、地元の三方小学校の生徒たちがゆりかご米という米作りの取り組みの中で、ハス川にシュロの幹の皮を沈めコイやフナの産卵場所を作り採卵、そして田圃での養殖、5cm程度に育った稚魚を放流するという活動を行なっているのが実を結んでいるようだ。

DSCN2689_三方湖(瀬戸を望む).JPG
DSC_0362_瀬戸_edited.png

漁協事務所には三方小学校の子供たちから活動の報告や手紙が沢山届いていて、組合長も嬉しそうに見せてくれた。組合長が子供の頃、湖で過ごした経験や思い出を今の子供達にも体験して欲しい、その一心で活動を続けていると話してくれた。

DSCN2676_ハス川.JPG
DSC_0347_ハス川合流点.jpg

その活動の甲斐あってか近年、世代交代も相まって三十代組合員も数人増え、漁にも参加し始めているとのこと。若い世代の就労にあたって販売面、収入面で少しでも苦労せずに続けていけるよう様々な活動を行っている。

今後も地域を巻き込み、将来を見据えて組合長の活動はこれからも続いていきます。