• naisui5

三方湖ウナギ石倉カゴ調査(メンテナンス)

最終更新: 2020年12月7日



こんにちは。福井県内水面漁連の中野です。

11月25日に三方湖にて今年度2度目となるウナギ石倉カゴ調査を実施しました。



こちらは前回7月に実施した石倉カゴ調査の記事です。




調査日和!とてもいい天気でした。

今回は、10基ある石倉カゴのうち、前回の調査で引き上げた3基を除く、

7基をメンテナンスのため引き上げ洗浄し、網に入った生き物を分類しました。


水位も低くて一安心。

約1年間もの間、三方湖の底に沈んでいた石倉カゴが地上へ上がります。

カゴの中の生き物が逃げないように、網で石倉カゴを覆います。



綺麗にな~れ

生き物たちを傷つけないように、網の上から水をかけます。

すると…


このように網に魚やエビ、貝類などが落ちてきます。



網に入った生き物を分類し、匹数を記録します。非常に巻貝類が多く作業は難航…

しっかり後で確認するために、写真を残すのも大切です。


数えてみてください!

7月の調査との大きな違いとして、今回の11月の調査では「小さなエビ」がたくさん入りました。今年生まれのエビたちだと思われます。



あ!30㎝ほどのウナギも見つかりました!とても元気です。

手に持っている黄色い器具が、標識を読み取る「PITタグリーダー」

標識タグを確認しましたが…残念!再捕獲個体ではなかったようです。

しっかり麻酔をかけて、新たに標識タグを取り付けました。


標識を付けたウナギたちと、来年度のウナギ石倉カゴ調査で会えることを期待しています!

42回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示