• naisui5

ウナギ石倉カゴの調査を行いました


今回捕れた“特別な”ウナギ! その正体は後程…

こんにちは。福井県内水面漁連 技師の中野です。

県内河川にサケが返ってくる季節になりました。

だんだん肌寒くなってきましたね。


11月11日にウナギ石倉カゴ調査を実施いたしました。

今回は、7月の調査で引き上げた3基を除く、7基の石倉カゴを引き上げ、

泥を掃除するメンテナンスと生き物の確認を行いました。


前日まで天気が不安定だったため延期も考えましたが、当日は快晴!

素晴らしい調査日和でした。

1年ぶりに引き上げられた石倉カゴ

分類作業中~

今回もチチブやエビ類、モクズガニ、タニシの仲間などが捕れました。


エビが大漁!

そして30㎝前後のウナギが2尾捕れました。

ウナギは小さくても力いっぱい体をくねらせ、全くジッとしてくれないので

麻酔をかけて、測定を行い、写真を撮って、標識(PITタグ)を取り付けました。





そして、そして最後に捕れた3尾目のやや大きいウナギも

1、2尾目のウナギ同様に測定等の処理を行いました。


そして標識を取り付ける前に、標識の読み取り器具(PITタグリーダー)をかざすと…

「ピッ!」と音が鳴り、ウナギを識別する番号が表示されました。

何度も器具をかざし、確認しましたが、同じ数字が表示されます。


これは、既に標識を取り付けてあるウナギの証です!

念願の再捕獲に成功しました。

次に気になるのは、標識をいつ付けたウナギかです。

1、2年前のウナギなのでは?と期待しながら、事務所に戻りデータを確認すると

「2021年7月14日」と前回取り付けたウナギでした(笑)


約4か月ぶりの再開となりましたが、全長では41.9㎝から44.5㎝

また体重では82gから97g体長・体重ともに成長を確認しました!


成長を確認!


今後もこうした活動からウナギの生態調査や、石倉カゴに住む生き物たちの観察を続け、

ウナギ資源の保護につなげていきたいです。




5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示